新チャンピオン実装は3月9日かも?【予想】


意味深な動画が公開されましたね。

以前、お伝えした通り、Taricのリメイクがくる前に新チャンピオン実装がされるとのことなので、この動画は新チャンピオンのティーザー動画と思われます。

 

いろいろな情報を統合して考えると、新チャンピオンは3月9日に来るのではないか? と思われます。

霊峰ターゴン


先日公開された、「霊峰ターゴン」では「-軍神-パンテオン」 「-暁光の戦士-レオナ」 「-嘲りの月-ダイアナ」 が紹介されています。

 

-軍神-パンテオン」は、ストーリー上では、「パンテオン座」と呼ばれる星座に関係のある存在。

-暁光の戦士-レオナ」は、太陽と関係のある存在。

-嘲りの月-ダイアナ」は、と関係のある存在。

 

そして、2つの空きスペースがあるのです。 

神髄を宿す者


神髄を宿す者」の中で、

 

"霊峰ターゴン上空には、太陽と月のほか、星座、惑星、炎をまとい暗闇に光の線を描く流星、そして美しく散りばめられた星々が煌めく。"

 

と書かれています。

 

つまり、「太陽」「」「星座」は、「レオナ」「ダイアナ」「パンテオン」のことを言っており、「惑星」「炎をまとい暗闇に光のせんを描く流星」 は新チャンピオンのことを言ってるのではないか? と推測されます。

(ちりばめられた星々はその他大勢と推測)

-暁光の戦士- レオナ


また、レオナのストーリーでは、

 

"彼女は教え込まれたように、それらと戦い、そして殺してきた。ところがある日、まだ若いレオナは山の斜面でさまよう、角とコウモリのような羽を持つ黄金の肌をした少年と出会った。レオナは少年の話す言葉が理解できなかったが、少年は明らかに道に迷い、怯えているようだった。少年の肌は、優しい光を放っていた。生まれた時から叩きこまれてきた教えは“殺せ”と命じたが、レオナは見るからに無力な彼をどうしても殺すことができなかった。代わりに彼女は、少年に山頂へと続く道を教えた。レオナが見守る中、少年は陽光に向かって歩いていくと、光に溶けて姿を消した。"

(中略)

"とうとうレオナは山を登りきった。息は切れ、疲れ果て、飢えていた彼女に残っていたのは、ダイアナに罰を与えるという決意だけだった。だがそんなレオナがふと顔を上げると、いつか見逃した黄金の肌を持つ少年が山のてっぺんに座っているではないか。少年の後ろの空は赤々と燃え上がり、非現実的な色の光のヴェールが舞う中で、金や銀に輝く雄大な都市の幻が見えた――装飾が施された高い建造物や光塔に、レオナはソラリの寺院がいかにその偉大さを反映したかを見て、歓喜のあまり跪いた。

黄金の肌の少年は、古いラッコールの言葉でレオナに話しかけ、あの日以来ずっと、彼女が自分を追ってくるのを待っていたこと、それが遅すぎないよう願っていたことを告げた。そして少年は手を差し伸べ、レオナに奇跡を見せ、神々の御心に触れさせてあげようと言った。"

 

と書かれています。

角と羽を持った……てことは、ドラゴン?

待っていたということは、神々に関係のある存在? それとも神様?

 

とりあえず、この少年が特殊な存在であることは確かですね。

次の新チャンピオンが、ドラゴン(龍)であることは確定している。


また、新チャンピオンが来るようですよ!(AoShinは開発中止)」でお伝えした通り、次のチャンピオンはAoShinの意志を継ぐ(開発的な意味)、ドラゴン(龍)であることがわかっています。

Aurelion Sol と言う名前になる予定で、今年の初めに来るとされています。

画像は、AoShinの開発初期のコンセプトアートなので、羽はついていませんが。

 

今年の初めってことは、3月中には来ます。

1年を3分割にするならば、4月も含まれるでしょうけど4月はいくらなんでも長いのでは……?

 

http://boards.na.leagueoflegends.com/en/c/developer-corner/6AdWWjpd-evolution-of-a-dragon-champion

3月9日は日食が起こる。


3月9日は、日食が起こる日です。

日本では、部分日食ですね。

 

日食とは、太陽の前を横切るために、によって太陽の一部(または、全部)が隠される現象です。

(太陽-月-地球 と並ぶということですね。)

 

そして……昔インドでは、大きな龍が日を飲み込むために起こる不吉な現象とされ、日食が始まるとどらや太鼓をたたいて、この龍を追い出したといわれています。

 

つまり、ドラゴンも日食に関係のある存在なのです。

 

http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2016/03-topics02.html

http://www.infonia.ne.jp/~asadapr/canopus.htm

もう一度動画を見てみる。


以上のことを踏まえて、もう一度動画を見てみましょう。(全画面推奨)

カメラが徐々にひいていくのですが、そのとき4つの山のようなものが見えます。

あれ? なんだか、爪のようですね。まるで龍の手のようです。

そして、その手の上に輝く星々。

 

ぱっと見だと、その星々が目にも見えてきますが、右上には月のような形をした星がありますね。

なんだかドラゴンの目みたいです。

線を引いてみるとこんな感じです。もう、これ手じゃないですか……。

 

「He has returned.」 

日食の時、龍が帰ってくるのではないでしょうか?

ArcadeBaronsの反応。


あくまで、予想でしかないですけどね……。

あと、「惑星」が真ん中で光ってる星で、「炎をまとい暗闇に光の線を描く流星」が周回してる流星だとしたら、それを見ている、手にのせている であろう龍は、力を授ける者なのかもしれませんね。

 

てことは、2つの枠が余ることになり、新チャンピオン3体が霊峰ターゴンに関わりのある ということになります。

 

こういうティーザー動画を見てるとわくわくしますね!

スポンサードリンク