【LJL2016 Round6】BlackEye VS CROOZ Rascal Jester


LJL2016 Round6 BlackEye VS CROOZ Rascal Jester の試合が行われました。

Patch 6.3です。

Twitch:http://www.twitch.tv/riotgamesjp

出場選手


Top

Arfoad

JG

Carilrui

Mid

Ryavka

ADC

RhythmAsalt

Sup

Yoshiaki



Top

cogcog

JG

Cron

Mid

aripo

ADC

Rkp

Sup

Lillebelt


試合結果


0

2


CROOZ Rascal Jester WIN

GAME1


BLUE TEAM /BlackEye

Top/JG/Mid/ADC/Sup

BAN

RED TEAM /CROOZ Rascal Jester

Top/JG/Mid/ADC/Sup

BAN

考察

BlackEyeは、PoppyのUltで人数差をつくる、又は即時発動でその場に浮かせる、アリスターの打ち上げ、ランブルのイコライザー、Crokiのバーストダメージ、カリスタのUlt 等があるので、集団戦に強い構成ですね。

 

CROOZ Rascal Jesterは、ノーチラスの堅さ、エリスの空中待避、ルルのウルト、ルシアンのブリング、ブラームの盾 等があるので、カウンターエンゲージ構成、つまり敵のスキルを受けきった後に、反撃に出る構成になっていますね。

 

BlackEyeとしては、中盤でゲームを壊していきたかったけど、CRJが早い段階から圧力をかけていってそれをさせない感じだったね。コーキは中盤から強いけど、ルルは中盤まで強いからなー……。

ファーストブラッドはもったいない。なぜアリスタ-は前に出たんだ? 

相手はブラームだから、AA入れられてスタンされるのは目に見えてるのに。しかもルシアンは2回攻撃あるし。

Topから作っていくBEとBotから作っていくCRJ……なんだからBotは負けるの前提でセーフティに動けばよかったんじゃ?

GAME2


BLUE TEAM /CROOZ Rascal Jester

Top/JG/Mid/ADC/Sup

BAN

RED TEAM/BlackEye

Top/JG/Mid/ADC/Sup

BAN

考察

CRJは、カウンターエンゲージ構成。BEは、エンゲージ構成ですね。

 

最後にモルガナをピックしたことで、BEはMidにアサシンをピックすることができなくなったね。

ドラフトの段階で、CRJが一歩リードしたと言える。

 

序盤から終盤まで、エリスが試合を動かしてたね。

初手に羽靴を積んで、トップからミッドへ、ミッドからボットへ と流れるようにギャンクをして、全レーンで優位を取って……。

BEはもうどうしようもなかった? と思う。

強いて言えば、やはりトップから作るチームだと思うから、トップがスプリットプッシャーとか、ピックの時点でダリウスみたいな殺してくマンにすればいいんじゃないかと思う。

ArcadeBaronsの反応。


LJLさん。Match3じゃなくて、Match2ですよ……。

スポンサードリンク