DevourerとGuinsoo'sのバランスについての考察とジャングルについての考察。


JGアイテムである、Devourerと現在のメタアイテムであるGuinsoo'sについての考察です。

NAのコミュニティボードにて


NAのコミュニティボードにて、「DevourerとGuinsoo’sのバランスは最適か?」という質問が行われていて、

それに対し、RioterであるMeddler氏は、「双方に少しずつ調整をする予定。だが、マスター・イーとシヴァーナは強すぎるのでナーフをしている」と回答しています。

 

具体的なナーフ内容は、

シヴァーナ

Q -ツインバイト

AA2ヒット目のダメージ: 80/85/90/95/100% → 40/55/70/85/100%

 

W -バーンアウト

 削除: 中立モンスターに対する20%ダメージ増加

マスター・イー

E - Wuju Style

追加Trueダメージ: 10/15/20/25/30 + (AD x 10/12.5/15/17.5/20%) → 

12/19/26/33/40 + (増加AD x 25%)

ダメージレートが合計AD → 増加ADに。

ADを積まない場合Nerf, 積む場合は現在と同じかそれ以上のダメージを出せるように。

となっています(PBEでの変更であり、ライブサーバーにこのまま適用されるか? は不明です)

シヴァーナの変更は、ジャングル周回速度を遅くするための変更であると思います。

これにより、

  • Devourerのスタックを貯める時間が遅くなる。
  • レーンへギャンクをする回数が減る(時間がかかるから)

また、リフトヘラルドを倒すことで得られるスタックにも変更が来ていますし、確実にスタックを貯める時間が長くなりました。

つまり、序盤~中盤の圧力が下がったわけです。

 

マスター・イーの変更は、Guinsoo'sだけでは火力が出ないようにするための変更です。

追加Trueダメージが増加AD分になるため、火力が出るタンキーマスターイーができなくなります。

Guinsoo's積んで、デッドマンプレート積んで、というビルドでは火力が出ないわけです。

逆に、ADを積んでいくビルドであれば火力が出るようになります。

しかし、火力が出る反面防御力が薄いので、CCで固められて一瞬でとかされるわけですね。

(Riotが望んでいるマスター・イーは、火力が出るけど柔らかい ってわけですね)

昨今のジャングル周りの変更に思うこと。


昨今のLoLプロシーンでジャングラーに求められているものは、「JGをいかに速く回れるか?」だと思います。

ニダリーにしろ、ランブルにしろ。

 

敵よりもJG周回速度が速いことで、敵ジャングラーがレーンに干渉するよりも先に干渉することができます。

早い段階から、人数差が生まれるわけです。

先に干渉されてしまった敵ジャングラーはどうしても、後手に回ってしまうのです。

  • レーンのケア
  • 人数差を埋めるためにすぐさま寄る

等をしなければならないので、その間にもジャングラー間で少しずつ経験値差が生まれていくわけです。

 

しかし、Riotはジャングラーに速度を求めていないようです。

現在PBEでは、ニダリーに何回も変更が来ており、いずれもJG周回速度を遅くするためのものです。

パッシブによるスネアの削除、WによるAAタイマーリセットの削除、等々。(3/14のPBE状況)

(他には、ラックス、ルル、アリスタ-が重点的に変更されていますが、今回は割愛します。ジャングラーに関することですし。)

 

全体的にJG周回速度が遅くなると、レーンに干渉する回数が減りますね

つまり、ゲーム全体のペースが落ちるのです。

スワップやシージ等で、ゲーム全体のペースが速くなっていたのですが、ちょっとでも試合時間を延ばそうっていうわけですね。

(まぁ、延びるっていっても数分程度でしょうけど。)

※スワップとは、「戦術的な入れ替え」のことで一般的にTopとBotを交換することです。

※シージとは、タワーを複数人で囲み攻め落とすことです。

最近は、スワップして、TopとBotのタワーをそれぞれでシージして交換って流れが多いですね!

レイトゲーマーの時代が来る?


ゲーム全体のペースが落ちることでレイトゲーマーの時代が来るのでしょうか?

個人的には、「可能性が広がる」程度だと思っています。

 

現在でもレイトゲームに持ち込む戦い方はありますしね!

ただ、ヴェイガーやコグ=マウなどのレイトゲームチャンピオンがピックされる確率は上がると思います。

スポンサードリンク