アップデートで、リフト・ヘラルドが復活しなくなるようです!


ミッドシーズンでのオブジェクト全般の変更点が公開されています!

 

http://jp.leagueoflegends.com/ja/news/riot-games/editorial/midseason-object

スポンサードリンク


変更点


リフト・ヘラルド

私たちは、リフト・ヘラルドをよりユニークで、マップの上半分を支配しようとするプレイヤーにとって意味のあるオブジェクトに変更しようとしています。新しいリフト・ヘラルドは、「チームメンバー1人だけが使える長期的で利己的なパワー」をもたらすものとなり、特に一匹狼やスプリットプッシュを行うチャンピオンたちにとって奪い合いの対象となるはずです。

  • リフト・ヘラルドは試合開始6分後に出現し、倒されても復活しません。
  • リフト・ヘラルドのステータスが大きく増加します(ソロで倒すのはかなり困難になるはずです)。
  • 現在のバフは削除され、ユニークなバフに変更されます。:
    • 新しいバフは20分間持続し、デスしても失われません。
    • 単独行動時、チャンピオンから受けるダメージが減少し、「ヴォイドの穢れ」のスタックが溜まります。
    • 100スタック溜まると、次の通常攻撃ですべての「ヴォイドの穢れ」スタックを消費して追加魔法ダメージを与えます(ミニオンやタワーなどほとんどの対象に有効。遠距離攻撃の場合はダメージが減少します)。
    • 「ヴォイドの穢れ」スタックの溜まる速度と消費時のダメージは、チャンピオンレベルに応じて増加します。

トップレーナーとジャングラー、そして一部のミッドレーナーには喜んでもらえる変更だと思います。これが十分に強力で、かつ良い奪い合いの対象であり、それでいて試合の結果を左右し過ぎない程度のものになっているか、引き続き注視していきます。

 

赤バフと青バフ

最近、赤バフと青バフは試合終盤ではあまり見向きされないものとなっています。試合の中盤~終盤にかけてのこれらのパワーを強化&凝縮することにより、戦力を底上げするための価値あるオブジェクトとし、特に膠着した試合において、獲得やスティールを検討する価値のあるものにする予定です。

  • 赤バフ
    • 炎上効果の継続ダメージが、適用時、または再適用時に即座に与えるようになります(攻撃速度による比率が強化されます)。バランスを取るため、一度に与えられるダメージは減少します。
    • 体力自動回復はチャンピオンレベルに応じて大きく増加します(レベル6で3倍、レベル11でさらに3倍になります!)。ただし、チャンピオンまたは特殊モンスターとの戦闘時には効果が一時的に無くなります。
  • 青バフ
    • レベルに応じた魔力増加から、合計魔力+15%へ変更されます(「ラバドン・デスキャップ」の効果と同様)。
    • 最大マナに基づいたマナ自動回復が2倍になります(固定回復値は変更なし)
    • バフの持続時間
    • 最初に獲得する赤バフと青バフの持続時間は以前と変わらないものの、以後獲得する赤バフと青バフでは120秒ではなく90秒になります。

試合の中盤~終盤においてアクションを起こそうとする場合、赤バフと青バフはより魅力的なターゲットとなるはずです。特に、敵側のジャングルから盗める場合には!

 

中立モンスターの復活タイマー

あらゆるプレイヤースキルレベルにおいて、オブジェクトを巡る戦いへの協力および競争を促進するため、一部のUIを変更します。またこれにより、時間管理とチャット入力の手間を省きやすくなります。

 

  • 赤バフ、青バフ、ドラゴン、バロン、あるいはリフト・ヘラルドが復活まで60秒を切っている場合、それらの視界を確保しているかどうかにかかわらず、両チームに対してタイマーが表示されます。また、ミニマップには「もうすぐ復活」アイコンが表示されます(倒された中立モンスターを視認していない場合に、通常のキャンプアイコンに替わって表示されます)。
  • 復活アイコンは残り60秒の時点ではぼんやりと表示され、残り20秒になると明るく表示されます。

我々はオブジェクトを巡る戦いが増えることを期待しており、オブジェクトへの注意を喚起することでそれを促そうとしています。新しいUIに慣れた後は、ドラゴンの復活に合わせてチームを待機させることや、あるいはバフの強奪さえも、チャット入力の手間なくピン1つで行えるようになることでしょう。

 

タワー

タワーには様々な変更が行われます。全体的な目的としては、これまで以上に留まって防衛しやすい場所にすること、他のオブジェクトに比べて破壊時の報酬を減らすこと、一部の仕様を整理すること、そしてマークスマンの通常攻撃以外でも破壊に貢献できるよう、タワーの防御力を見直すことです。

  • タワーの攻撃ダメージの累積
    • 内側と外側タワーがチャンピオンに与えるダメージはこれまでより早く累積します。また、攻撃の対象が変更した場合でも累積したダメージは維持されます。
    • 内側と外側タワーの攻撃は、4発で最大ダメージになります(以前は5発)。
  • タワー破壊の報酬
    • 外側タワーのグローバルゴールド報酬は減少しますが、ローカルゴールド報酬は増加します(グローバルゴールド 125 -> 100、ローカルゴールド 220 -> 300)。
    • 内側タワーのゴールド報酬が減少します。(グローバルゴールド 150 -> 125、ローカルゴールド250 -> 175)。さらに経験値報酬が削除。
    • インヒビタータワーのローカルゴールド報酬が増加(0 -> 50)。
  • 魔力のタワーに対するダメージ変換
    • 魔力のタワーに対するダメージ変換を発生させた場合(魔力が増加攻撃力の2倍を超えている場合にタワーを攻撃すると発生します)、変換されたダメージは物理ダメージではなく魔法ダメージになります。
  • タワーのステータス
    • 基本物理防御と魔法防御が増加(0 -> 40)、基本体力が減少(4000 -> 3300)
    • タワーが物理防御貫通または魔法防御貫通の効果を受けるようになります(貫通20程度、またはタワーに対する確定ダメージ能力がない場合、ライブサーバーのタワーよりも強固に感じるはずです。全体的には、マークスマンにとってはタワーに対するダメージ量への弱体化であり、一方メイジとアサシンにとっては強化になるでしょう)
    • 強化装甲」の効果が、物理防御と魔法防御200 -> ダメージ減少66.67%に変更されます。

全体として、タワーへのダイブとその破壊は以前のように「楽勝」というわけにはいかなくなっているはずです。

ArcadeBaronsの反応。


これは、メタが大きく変わりそうだな~。

今年のWCSが楽しみだ。

スポンサードリンク